Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヘナミ【イジヌ】の「プロデュース X 101」脱落までを振り返る!今後の活動はどうなる?

PRODUCE-X-101

PRODUCE X 101(プロデュース X 101) の、感動的なファイナルステージから早1ヶ月半。

みなさんの推しは、デビューすることができましたか?

「X1(エックスワン)」もデビューし、これからの活躍が期待されますね!

しかし当然ですが、その裏ではデビューできなかった脱落組の練習生も沢山います。

今回はその中で、本国韓国ではもちろん日本でもファンが多かったイ・ジヌについて紹介してみたいと思います。

プロデュース X 101での、イ・ジヌを振り返ります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イ・ジヌのプロフィール

イ・ジヌ(LEE JIN WOO)
이진우

所属事務所:マル企画
年齢:16歳(韓国年齢)
生年月日:2004年9月13日
身長:172cm
血液型:A型
練習生期間:5ヶ月

 

プロデュース X 101 にて

「プロデュースX101」参加前面談にて、目標は10位以内であると語っていました。

 

 

所属事務所であるマル企画の先輩は、シーズン2のファイナルステージにて2位で堂々デビューを飾った、元Wanna Oneのパク・ジフン

 

 

16歳(韓国年齢)中学3年生という、「プロデュースX101」で最年少の練習生です。

日本に合わせた満年齢で換算すると、参加時なんと14歳なのです。

 

 

初回放送から、可愛らしさが炸裂していましたね!

 

 

 

レベル分け評価

マル企画から出場の、ジヌを含む3人の練習生。

純粋で素朴なイメージの中で、基本のステップからはじまったパフォーマンスは、トレーナー達から自然と笑顔が出ましたね。

 

 

しかしその後は緊張のあまりか、ミスが続いてしまいました

こんなに緊張する場所ですから、自分の力をしっかり発揮できる人の方が少ないと思いますけどね。

と、思わずかばいたくなってしまうのは、きっと筆者だけではないはず・・。

 

 

結果、ジヌはCランクです。

仲間のイ・ウジンとイ・テスンは、Xランクとなってしまいました。

 

 

 

「ジマ」クラス別練習

タイトル曲は「ジマ」に決定し、3日後の再評価テストに向けて猛レッスンがはじまりました。

しかし、思うようにうまくいきません。

 

 

16歳のジヌに重くのしかかる、厳しい日々のはじまりでした。

 

 

まだ中学3年生。

大人でさえも、はじめての環境にすぐに対応することができないこともあります。

 

 

練習生期間も短いことも重なり、みんなに付いていくことさえ困難になってしまったのです。

 

 

26歳のオ・セボム(NEST)が、一人でいるジヌに声をかけてくれています。

 

 

ジヌにダンスを教えてくれる、優しいオ・セボムです。

 

 

ダンスの実力者であるパク・ユンソル(NEST)も、レッスンで遅れをとっているジヌに指導してくれます。

みんな、本当に優しいですね!

 

 

まわりの練習生たちに助けられ、ジヌもやる気を取り戻します。

 

 

このあとCランクからBランクに昇格しました。

そしてタイトル曲の「ジマ」では、エンディングを飾りました!

 

 

 

グループバトル評価

グループバトル評価では、NCT U の「第七感 (The 7th sense)」チームです。

ジヌの担当は、サブラッパー1です。

 

 

他のメンバーはC、D、Fランクの中、ジヌが一番上のBランクです!

センターに立候補はしましたが、残念ながら叶わずでした。

 

 

リーダーのイ・ミダム(AAP.Y)が、うまくメンバーを引っ張っていくことができず、苦戦する姿がクローズアップされていました。

 

 

「第七感 」はとても難しい曲調で、高い実力が必要とされます。

ボーカルレッスンでは、厳しいフィードバックになるのはやむを得ません。

 

 

チームのまとまり感もあまりなかった状態なので、厳しい評価なのは仕方ありません。

 

 

ダンスレッスンも、かなり厳しかったですね。

 

 

ミダムもリーダーとして頑張り、ひとりひとりの努力の上、ついに本番を迎えました。

 

 

ジヌもラップを頑張りました!

 

ジヌの結果は、6人中4位でした。

そして残念ながら相手チームが勝利したので、ベネフィットは得られませんでした。

 

 

 

1回目の順位発表

1位から60位までの練習生が残留決定となる、最初の順位発表式です。

25位で残留となったイ・ジニョク・・。

ジニョクがジヌを息子のように可愛がるという、二人の絶妙な(!?)関係が生まれましたね♪

 

 

ジニョクからだけではなく、練習生みんなに可愛がられるジヌのキャラが成立していました。

もちろん国プや日本の視聴者からも、絶大な人気を誇ります。

 

 

ジヌは12位で、残留決定しました。

 

 

順位の感想を述べるところでは、天然キャラが炸裂でしたね!

 

 

大陸の最南端にある「海南(ヘナム)」出身のジヌ。

「息子のように可愛がってます。」とジニョクから言われたあと。

「本当のお父さんは海南に居ます。」って・・w

 

 

後ろで大爆笑するジニョク・・。

本当に、面白すぎでしたね!

 

ポジション評価

ポジション評価では、自らボーカルポジションの Bolbbalgan4「私の思春期へ 」を選択。

16歳(韓国年齢)のジヌにとって、ぴったりな曲を選びましたね。

 

 

ところが練習で、みんなの前で歌うことができないジヌ。

ボーカルを苦手としているのに、選んでしまった自分をこのあと後悔します。

 

 

チームの仲間に励まされますが、ほんの少しの声を出すことさえも躊躇してしまう状態。

 

 

なりたい自分がいるのに、なれないことで思い悩んでいたチーム仲間のキム・ミンギュ。

ジヌの「できない気持ち」をよく理解し、自分が辛い中にもかかわらずジヌを支えます。

 

 

「どうしてもできない。」

やっと環境にも慣れ、デビューする夢に向かって頑張ろうとしているときに、大きな壁に突き当たってしまったのです。

 

 

どうしても恥かしくて、声を出すことができないジヌ。

まわりの空気も読んで、さすがに見かねてしまうリーダーのキム・ウソクです。

 

 

しかしジヌに付っきりでボーカルの指導をしてくれたのも、ウソクでした。

 

 

ちょうど変声期でもあるジヌに、ぴったりな曲であるのは確かなのです。

あとは、ジヌが自信をもってくれれば・・。

ウソクは、それがわかっていたようです。

 

 

ウソクは決して見離すことなく、持っている力をジヌに差し出します。

 

 

そして迎えた、会場審査です。

ジヌのボーカルに、注目が集まります。

 

 

あんなに声を出すことをためらっていたのに、しっかり感情を込めて歌えました。

もちろんジヌの努力が一番ですが、ウソクの指導のおかげでもありますね。

 

 

切ない歌詞と切なく美しいメロディー、そしてメンバーたちの感情あふれる最高のパフォーマンスに、思わずうっとりとした表情を見せた代表です。

 

 

切ない歌詞や、メンバーたちの感情表現に注目です。

 

 

2回目の順位発表

コンセプト評価では、「Prttey Girl」チームに決定です。

沢山の仲間が居ますが、途中で行われる2回目の順位発表式にて脱落してしまうメンバーが確実にいることになります。

 

 

そしてジヌは、安定の残留決定です。

前回よりもアップの8位、余裕のランクインに見えます。

 

 

しかし、かなり順位の変動が大きい練習生も沢山います。

安定しているとはいえ、気が抜けない状態でもあります。

 

 

 

コンセプト評価

結局「Pretty Girl」チームに残った6人のメンバー。

ジヌの担当はラッパーです。

 

 

スターシップの4人(クジョンモ・カンミンヒ・ハムウォンジン・ソンヒョンジュン)と、若くて可愛いキャラのソンドンピョジヌです。

チームワークが乱れるわけがない、このメンバー。

 

 

みんなで仲良く、楽しく練習する日々を送りました。

 

 

トレーナーや振付師たちからも、絶賛の声があがります。

 

 

自分らしさをアピールできる曲なので、ジヌも自信をもって挑むことができたのでしょう。

本当にみんな、楽しそうでしたね!

 

 

カンミンヒは念願だった初のメインボーカルを担当し、その自信あふれる姿も印象的でしたね。

「Pretty Girl」は可愛いだけではなく、かっこよさも合わせもった、元気の出る爽やかな楽曲です。

 

 

ボーカルトレーナーのユミ先生も、この表情。

彼らのパフォーマンスを見ていると、思わずこんな風に微笑んでしまいますよね♪

 

 

もうこのメンバーで、デビューしちゃってもいいのではないでしょうか?(笑)

 

 

誰がデビューしてもおかしくない、ジヌも例外ではありません。

 

 

可愛らしさとかっこよさの融合!爽やかすぎるメンバーに圧巻です。

 

 

3回目の順位発表

そしていよいよやってきた、3回目の順位発表式です。

今回は1~20位までが残留です。

「pretty Girl」では、一番自分らしさをアピールできた、自信も沢山ついた。

ジヌは確実に、デビューへの道へと辿っていたのです。

 

 

ところがここで、ジヌの名前が呼ばれることはありませんでした。

最終順位22位でした。

ここにきてジヌの脱落は、誰もが驚きを隠せません。

 

 

国民プロデューサー、そして日本の視聴者、世界からの視聴者、誰もが嘆き悲しんだことでしょう。

しかし、一番つらかったのはジヌ自身です。

恐らくデビュー評価までは、確実にいけると予想していたのでしょう。

 

 

ここを出たら、目標を失ったように感じるだろうけど

世界は思ったより広い

君たちがここで過ごしてきた時間は、人生の0.0001%にも満たない瞬間だ

外はより大きな世界だということを忘れずに

代表からの温かい言葉です。

 

 

まだ中学3年生のジヌ。

あなたなら、どんな言葉をかけてあげますか?

 

 

今回脱落となった10名の練習生たち。

代表にとってもつらくて、耐え難い時間だったでしょうね。

 

 

すべての日々が幸せでした。

最後のジヌの言葉に、ほんの少しだけ救われます。

 

 

これで本当に「プロデュース X 101」での練習生としての日々に、終止符が打たれました。

 

ファイナルステージは?

7月19日に行われた、日韓同時生放送のファイナルステージの応援席でジヌを探しました。

既に脱落している練習生たちが多数応援席に座る中、ジヌが所属する「マル企画」の練習生3人全員の姿はありませんでした。

最後の「ジマ」は、見たかった気がしますね。

 

今後の活動について

「プロデュースX101」の放送終了後、「マル企画」公式アカウントからSNSを通じて、3人からのメッセージやインタビューなどが、どんどん発信されていました。

いつも3人で居る様子を見ると、この3人でデビューするのでは??

と予想される流れでした。

そして最新画像がこちらです!

 

引用元:Twitter

 

ジ・・ジヌが金髪になってます!!

し・・しかも、ヒョウ柄ですよ!!

 

引用元:Twitter

 

いや、でもなんだか身長も伸びたようで、明らかに成長してますよね!

他の2人は可愛いイメージのままなのに・・。

あのジヌが・・って感じですよね。

でもこれからの活躍が本当に期待ですし、何より本当に嬉しいですよね!

 

さいごに

結局「プロデュースX101」では、惜しくもデビューできませんでしたが、知名度はかなり大きくあがりました。

ん?

そうポジティブな考え方をしてみると。

マル企画さん、最初からこの3人で事務所からデビューさせる予定だったのでは??

・・・いやいやいや、ジヌたちは番組からのデビューを夢見て必死に頑張っていたのです。

変な勘ぐりは、本人たちのためにやめておきましょう。(恥)

ということで、本当にこれからの3人の活躍に期待ですね!

全国のジヌファンの皆さん!

みんなで応援していきましょう!!

 

 

【X1】「PURODUCE X 101」初回放送からショーコンまで! 選ばれた11人の軌跡!
遂に先日、8月27日に「X1」がデビューしました! 「プロデュースX101」から誕生した、新しいグローバルアイドルグループです。 今回は改めて、X1のメンバーとなった11人の軌跡を辿ってみたいと思います。 「プロデュースX101」の初回放送から、各メンバーそれぞれを振り返ります。
国プ代表イドンウクの 心に残る【感動の名言集】国プ代表としての優れた人間力とは
今シーズンの「プロデュースX101」にて、ある意味練習生以上に注目が集まったが、国民プロデューサー代表のイ・ドンウク氏でした。 練習生たちに寄り添い、良き兄貴として慕われていたイドンウク氏です。 今回は番組内でドンウクが発した、まさに「神の声」とも言える数々の名言を集めてみました。
ウリムズ【キムドンユン】プデュX101での苦悩とチャンウクとの友情について・性格や魅力は?
まもなく、新グループ「X1(エックスワン)」が、正式にデビューしますね! しかし当然のことながら、その裏ではデビューできなかった脱落組の練習生も沢山います。 今回はその中でも、日本でもファンが多かったキム・ドンユンについて紹介してみたいと思います。 プロデュース X 101での、キム・ドンユンを振り返ります。
プロデュース X 101【イヒョプ】のプロフィール・性格や魅力について・今後の活動は?
11人の練習生がデビュー決定となりました。 その裏で、惜しくも脱落してしまった練習生たちが沢山います。 今回はその中でも、日本でも人気のあったイ・ヒョプ君について注目してみたいと思います。 「プロデュースX101」を振り返ります。
ブランニューミュージックの実力派リーダー【キムシフン】の性格や魅力について!(プデュX101)
新グループ「X1(エックスワン)」として、11人のメンバーが決定しました。 しかし当然の如く、その裏ではデビューできなかった脱落組の練習生も沢山います。 今回はその中でも、日本でもファンが多かったキム・シフンについて紹介してみたいと思います。 プロデュース X 101での、キム・シフンを振り返ります。
「プロデュース101」シリーズのテーマ曲をまとめてみた!PICK ME-ナヤナ-ネッコヤ-ジマを聞き比べ!
毎シーズンで登場する、テーマ曲です。 一度聴いたら頭から離れなくなるような、中毒性を持つサウンド。 力強さと可愛らしさが引き立つ、表情豊かで華麗なダンス。 練習生らしい純粋なビジュアルの中にも、高いエンターテイメント性をあわせもった見事なパフォーマンス。 そこで今回は、全シーズンのテーマ曲をまとめてみました。

 

 

 

PRODUCE-X-101
スポンサーリンク
なないろライフ

コメント