【X1】「PURODUCE X 101」初回放送からショーコンまで! 選ばれた11人の軌跡!

PRODUCE-X-101

に先日、8月27日に「X1」がデビューしました!

「プロデュースX101」から誕生した、新しいグローバルアイドルグループです。

ファン名は「 One It 」

今回は改めて、X1のメンバーとなった11人の軌跡を辿ってみたいと思います。

「プロデュースX101」の初回放送から、各メンバーそれぞれを振り返ります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

X1メンバーの軌跡

「プロデュースX101」が韓国で初回放送されたのが、2019年5月3日。

日本ではAbema TVで放送開始されたのが、2019年5月9日。

それから最終回まで約2ヶ月と少し、毎回さまざまな展開でハマる人が続出する(筆者も含め)大人気番組になりました。

それでは最終順位1位から順に、メンバー軌跡を辿ります。

キム・ヨハン

ウイ・エンターテイメントに所属する、キム・ヨハン(김요한)。

わずか3ヶ月という練習生期間でありながら、堂々たる登場でした。

ランク分け評価テストにて、トレーナー陣がヨハンの才能を見出し、国プ代表のイドンウク氏がヨハンに対しAランクのゴーサインを出すことに。

再評価テストではCランクに転落するも、国民プロデューサーからの投票により、常にデビュー圏内で安定した成績を残していました。

 

 

グループバトル評価では、NCT U の「BOSS」チームにてメインラッパー担当でした。

もともとボーカル希望だったヨハンに、ラップの機会を与えたのがイ・ジニョクです。

結果大成功となり、才能を発揮することができました。

ヨハンのラッパーへの道を切り開いたのは、間違いなくイジニョクの存在だったと思います。

 

 

ポジション評価では、ボーカルポジションを選択。

ポールキムの「君に出会って」チームに参加しました。

 

 

コンセプト評価では「U GOT IT」チームで、ラッパー1を担当。

 

 

最終順位は見事1位!!

一時は5位に落ちたものの、基本常に1位を維持していたという素晴らしい成績を残しました。

上位のプレッシャーというのも、もちろんあったと思います。

ヨハンはまさに「スター練習生」として、トップを歩いてきました。

 

 

 

キム・ウソク

TOPメディア所属の、キム・ウソク(김우석)

同時に「UP10TION(アップテンション)」のメンバーでもありますが、アイドルとしての再起をかけての参加です。

常に、落ち着いた立ち振る舞いのウソク。

ランク分け評価テストでは、Bランクでした。

その後は実力を発揮し、再評価でAランクに昇格しています。

 

 

グループバトル評価では、EXOの「Love Shot」チームで、センター/サブボーカル4を担当。

 

 

ポジション評価では、ボーカルポジションチームに参加。

Bolbbalgan4の「私の思春期へ」で、リーダー/センター/ボーカルを担当

パフォーマンスを終えた直後に、曲の良さに感動し号泣していたのが印象的でした。

本番で思わず感情移入してしまうプロフェッショナルな姿勢は、素晴らしいの一言しかありません。

 

 

コンセプト評価では、「U GOT IT」チームでセンター/サブボーカルを担当。

 

 

最終順位は2位、上位のプレッシャーを見事に乗り切ることができました。

ヨハンと並んで、まさに「スター練習生」だったウソクです。

その時、脱落しかけていた同事務所のイ・ジニョクに向けて、「僕の人生に現れてくれてありがとう」と言ったのは名言になりました。

 

 

 

ハン・スンウ

PLAN Aに所属している、ハン・スンウ(한승우)

キムウソク同様、既にデビュー組で「VICTON(ビクトン)」のメンバーでもあります。

実力者でありステージ慣れしているその落ち着いた姿は、練習生のみんなから頼られる存在に。

ランク分け評価テストではAランク。

再評価テストでもAランクをキープする、真の実力者です。

 

 

グループバトル評価では、NCT U の「BOSS」チームで、リーダー/ボーカル1を担当。

 

 

ポジション評価では、ボーカルポジションチームを選択。

ポールキムの「君に出会って」チームで、リーダー/センター/ボーカルを担当しました。

スンウの優しく響く高音パートは、安心して聴いていられますね。

 

 

コンセプト評価では、「U GOT IT」チームで、メインボーカルを担当。

衣装が「セクシーすぎる」と、歓喜の声があがりましたね。

安定したボーカルと高音パートは、スンウにとって代名詞のようなものです。

 

 

圧倒的な人気を誇り、最終順位は3位でデビュー圏内に入りました。

実力・人柄共に、とにかく練習生から信頼を置かれているスンウです。

X1には必要不可欠な存在だったのではないでしょうか!

 

 

 

ソン・ヒョンジュン

スターシップエンターテイメント所属の、ソン・ヒョンジュン(송형준)

可愛らしいルックスに加え、ダンスの実力に定評があります。

緊張のしすぎか、ランク分け評価テストでのパフォーマンスで失敗を繰り返し、実力を発揮できなかったため、ヒョンジュンを含め3人のスターシップ練習生はXランクになってしまいました。

しかしXランクでの頑張りが実り、再評価テスト後にはDランクに昇格

 

 

グループバトル評価では、NCT U の「第七感(The 7th sense)」サブラッパーを担当。

難しい曲調の中、ラッパーにも挑戦しました。

 

 

ポジション評価では、得意のダンスポジション Bruno Mars の「Finesse」チームに参加。

Xランクの暗いイメージを払拭し、一気に実力と魅力をアピールすることができました。

 

 

コンセプト評価では「Pritty Girl」チームで、かわいいイメージをさらにアピールしました。

 

 

常に上位圏内にいたものの、若干下がりつつあった順位に不安を感じながらの日々でした。

まわりの練習生に順位の変動が大きい中、どんなに上位でも不安はつきものです。

最終順位は4位で、デビューが決定しました。

Xランクからスタートしたヒョンジュンが、見事に大逆転劇を見せてくれました!

 

 

 

チョ・スンヨン

ウィエファ所属の、チョ・スンヨン(조승연)

チームワークを保つために自ら中心となり、エネルギッシュなスタイルで皆を引っ張るリーダー的存在。

でも本当はおとなしい性格で、実は誰よりも一番回りに気を使っているタイプです。

実力者でもあり、プデュX101ではオールラウンダーとも言われ評価されていました。

ランク分け評価テストではBランク。

再評価でもBランクをキープしていました。

 

 

グループバトル評価では、EXOの「Love Shot」チームでメインボーカルを担当。

華麗なダンスと、安定した高音パートが印象的でした。

 

 

ポジション評価では、ラップポジションチームに参加。

ZICO(ジコ)の「Yes or No」で、リーダー/ラッパーを担当しました。

ラップに慣れていないのに、順位が低いためにやむを得ずチームに参加することになった練習生たちもしっかりまとめて良いチームワークを形成し、素晴らしいステージを完成させました。

 

 

コンセプト評価では、「MOVE」チームに参加。

もちろんリーダーであり、センターとサブラッパーを担当しました。

 

 

初回67位という順位から、毎週のようにある意味安定して上がっていく順位でした。

最終順位はなんと5位です。

ムードメーカーとしての人柄と、まさにオールラウンダーとしての実力が示した結果でしょう。

その明るさの裏に隠された努力やプレッシャーは、彼の経験値に大きなプラスになったのではないでしょうか。

 

 

 

ソン・ドンピョ

DSPメディア所属の、ソン・ドンピョ(손동표)

見た目の可愛らしさと小柄な体とは程遠いような、ワイルドで激しいダンスも卒なくこなす実力の持ち主です。

カメラを向けられたときの、アイドルらしい決めポーズは天才的

まさにアイドルになるために、生まれてきたような逸材です。

ランク分け評価テストでは、Bランク。

再評価テストでは、Aランクに昇格しました。

 

 

グループバトル評価では、NCT U の「BOSS」チームでボーカル2を担当しました。

普段の可愛らしいイメージではなく、かっこいい系に挑戦した姿には圧巻されました。

 

 

ポジション評価では、ダンスポジション Imagine Dragonsの「Believer」に参加。

ここでも激しいダンスを繰り広げる、重厚感のあるオルタナティヴロックに挑戦です。

 

 

コンセプト評価では、「Pretty Girl」センター/サブボーカルを担当しました。

力強いワイルドなイメージに挑戦してきたのですが、ここで一番ドンピョらしい可愛い曲です。

可愛いだけではなく、元気でパワフルなダンスでかっこよさも十分に発揮できました。

 

 

「番組のタイトル曲・初代センターのジンクス(初代センターは必ずデビューできる)」を壊してしまうかもしれないと、大きなプレッシャーの中で努力を続けてきたドンピョです。

ジンクスを壊すことなく、最終順位6位でデビュー決定しました。

「本当によかったね」と、思わず声をかけたくなりますね。

 

 

 

イ・ハンギョル

MBK所属の、イ・ハンギョル(이한결)

ほどんとのメンバーのファン年齢層が10代~20代の中、ハンギョルについては20代~30代に多く支持されているようです。

所属事務所である「MBKを救うためにやってきました(プエクに参加)」、というセリフが印象的でしたね。

 

 

グループバトル評価では、EXOの「Love Shot」チームでサブボーカルを担当しました。

 

 

ポジション評価では、ダンスポジション Bruno Mars の「Finesse」チームです。

ハンギョルはここで、センターを担当しました。

80年代後半から90年代前半に大流行した New Jack Swingの曲調に、若々しさとパワフルさをプラスした、まるで新しくデビューしたアイドルグループを見ている感覚になるような、素晴らしいステージでした。

 

 

コンセプト評価では、「MOVE」チームに参加しボーカルを担当しました。

ここでは本領を発揮。

ワイルドで力強い、ハンギョルらしさを表現できたステージだったと思います。

 

 

番組中盤から後半にかけて、一気にハンギョルの魅力が押し出されてきた印象でした。

順位は少しずつ確実に上がっていましたが、デビュー圏内に入ることはありませんでした。

ファイナルステージで一気にデビュー圏内へ!

最終順位7位で、夢が叶いました。

 

 

 

ナム・ドヒョン

MBK所属の、ナム・ドヒョン(남도현)

練習生最年少の16歳(韓国年齢)・中学3年生という若さで、練習期間も短い中、ラップの実力が優れておりトレーナー陣からも「天才かも」と言われてました。

幼いころから音楽に携わり、作曲もこなす絶対音感の持ち主。

ランク分け評価テストでは、Aランク。

再評価では残念ながら、Dランクに降格となりました。

 

 

グループバトル評価では、SEVENTEEN の「CLAP(拍手)」ラッパー1を担当。

番組内での分量は少なかったのですが、ラップパートで実力を発揮し会場で大盛り上がりでした。

 

 

ポジション評価では、得意のラップポジションチームに参加。

ZICO(ジコ)の「Yes or No」で、センターを担当しました。

 

 

コンセプト評価では、「Monday to Sunday」チームでラッパー担当です。

移動組になってしまい不安定な状況になりつつも、良いチームワークを形成し、練習に練習を重ね、素晴らしいステージを披露することができました。

 

 

常にデビュー圏内で安定していましたが、とにかく順位に変動はつきもので、いつ落ちるかわからないような状況の中でのプレッシャーは確かにあったと思います。

最終順位は8位で、最年少メンバーとしてデビューが決定しました。

番組内では、決して涙を見せなかったドヒョン。

名前が呼ばれた瞬間、初めて泣いていたのがとても印象的でした。

 

 

 

チャ・ジュンホ

ウリムエンターテイメント所属の、チャ・ジュンホ(차준호)

最初は人見知りだけど、慣れた人とはとことん仲良くなれるタイプ。

人見知りの性格が邪魔して、プエクでは目立つことはありませんでしたが、成長している過程が見られたのは明らかでした。

ボーカル・ダンス・人間性すべてにおいて、最初のジュノとは別人のようなのがわかります。

ランク分け評価テストでは、再評価ともにCランクでしたが、ここからの成長が手にとってわかる頑張り屋さんです。

 

 

グループバトル評価では、NCT U の「BOSS」チームです。

ジュノの担当は、ボーカル3です。

実力者が揃うアベンジャーズチームと呼ばれましたが、ジュノも立派な実力者です。

 

 

ポジション評価では、ボーカルポジション・ポールキムの「君に出会って」チームです。

「BOSS」チームのときに声量の弱さを指摘され、今回は感情表現について指摘を受けました。

ジュノにとって苦手とされるボーカル部分を克服しようと、懸命になる姿が印象的でした。

 

 

コンセプト評価では、「U GOT IT」チームでサブボーカル3を担当。

ここでもボーカル力に苦戦しますが、仲間にも恵まれ努力を続ける様子が見られました。

 

 

デビュー圏内ほぼギリギリのラインで安定していましたが、最終順位9位という成績でした。

人見知りが激しく大人しかったジュノが、しっかりと堂々とした姿で感謝の気持ちを述べていました。

 

 

 

カン・ミンヒ

スターシップエンターテイメント所属の、カン・ミンヒ(강민희)

ウリムのチャ・ジュンホと同じく、「プロデュースX101」で著しい成長を遂げたメンバーです。

どちらかと言うと「うつむき加減」で自信なさげだった姿が、回を重ねるごとに自分の魅力をどんどん発揮していき、見違えるほどの成長を見せてくれたメンバーです。

ランク分け評価テストでは、ヒョンジュンと共にXランクへ。

そして再評価テストで、Dランクに昇格しました。

 

 

グループバトル評価では、EXO-K の「MAMA」サブボーカル4を担当。

ランク分け評価テストの時の自信なさげな姿から一転、堂々としたパフォーマンスが見られました。

まさに、Xランクからの復活の瞬間ですね。

 

 

ポジション評価では、ダンスポジション・Bruno Mars の「Finesse」チームです。

大きく目立つことはありませんでしたが、笑顔でさわやかに表現する姿に間違いなく成長を感じます。

 

 

コンセプト評価では、「Pretty Girl」初のメインボーカルを担当。

自分の魅力をアピールするコツをだんだんと掴んだかのように、急激に実力を発揮し出してきたのがこの頃。

トレーナーからも沢山褒められて、ますます自信がつきましたね。

自信に満ち溢れる表情が、本当にさわやかでよかったと思います。

 

 

決してデビューが確定できるような順位ではなかったミンヒですが、後半からの追い上げが功を奏して、最終順位では10位で、夢が叶いました!

改めて初回放送の映像を見ると、別人のようですよね!

 

 

 

イ・ウンサン

ブランニューミュージック所属の、イ・ウンサン(이은상)

実力者が揃う事務所として有名なことと、シーズン2での好成績によってプレッシャーから始まったプエクの参加でした。

ウンサンは生まれ持った可愛いらしいビジュアルとは正反対に、ステージの上ではキューティーセクシー(本人宣言)に変わるギャップが魅力のひとつです。

ランク分け評価テストでは見事なAランク。

しかし再評価テスト後には、Cランクになってしまいました。

 

 

グループバトル評価では、NCT U の「BOSS」チームでサブラッパーを担当。

「ステージ上で変わる」姿を、存分に見せつけていました。

 

 

ポジション評価では、ボーカルポジション・MAMAMOO ファサの「Twit」チームです。

ボーカルの実力を持つメンバーが揃う中、ウンサン独特の表現力を駆使して素晴らしいパフォーマンスを披露することができました。

 

 

コンセプト評価では、「U GOT IT」チームでラッパーを担当。

ここで自他共に認める「立候補のプロ」として、チャンスがあれば積極的に手を上げていく姿が印象的でした。

 

 

今シーズン初の試みである「X」の存在。

今回のデビュー組は1~10位までと、これまでの国民プロデューサーからの投票全総数が一番多い練習生が「X枠」としてデビューできるものになります。

従来のように、11位の練習生がデビューできるものではないというのが大きな特徴ですね。

1~10位までの発表が終わり、残るは1席のみという状態。

長い時間待たされ、極度の疲労と緊張が重なりかなりつらい状態だったと思います。

最後に「X枠」で名前が呼ばれデビュー決定です。

 

 

 

スポンサーリンク

「X1」8月27日デビュー

遂にデビューの日がやってきました!

7月19日の「プロデュースX101」ファイナルステージから1ヶ月と10日余りです。

 

 

デビュー当日、韓国の高尺(コチョク)スカイドームにてX1のデビューショーコン(ショーケース+コンサート)が行われました。

日本でもリアルタイムで「You Tube ライブ」や「Vライブ」などから視聴することができました。

 

 

やっぱり、かっこよかったですよね!

ステージ経験のあるスンウやスンヨンたちの落ち着いたパフォーマンスに負けじと、センターとしての威厳を保つかのような、ヨハンの力の入れ方がハンパなかったです。

 

 

自分の叶えたかった夢がやっと叶った、その喜びに満ち溢れる素直な様子も見られて、こちらも感動でしたよね!

 

デビュー曲「FLASH」も、メチャクチャかっこいいです!

 

スポンサーリンク

さいごに

「プロデュースX101」を初回からずっと見ていたら、自然と「X1」も応援したくなります。

公開サバイバルオーディションという、過酷な闘いの上に得ることができた夢のデビューなので、脱落してしまった練習生の分まで頑張ってほしいって思います。

恐らくですが、これからオーディション中の大変さが比べものにならないほど忙しく、過酷な日々が続くと思いますが、本当に頑張ってほしいですね!

「 One It 」皆さん、みんなで応援していきましょう!!

 

国プ代表イドンウクの 心に残る【感動の名言集】国プ代表としての優れた人間力とは
今シーズンの「プロデュースX101」にて、ある意味練習生以上に注目が集まったが、国民プロデューサー代表のイ・ドンウク氏でした。 練習生たちに寄り添い、良き兄貴として慕われていたイドンウク氏です。 今回は番組内でドンウクが発した、まさに「神の声」とも言える数々の名言を集めてみました。
ヘナミ【イジヌ】の「プロデュース X 101」脱落までを振り返る!今後の活動はどうなる?
「X1(エックスワン)」もデビューし、これからの活躍が期待されますね! しかし当然ですが、その裏ではデビューできなかった脱落組の練習生も沢山います。 今回はその中で、本国韓国ではもちろん日本でもファンが多かったイ・ジヌについて紹介してみたいと思います。 プロデュース X 101での、イ・ジヌを振り返ります。
イヒョプ【祝】ウリム・エンターテイメントに所属決定!プデュX101のウリムズとも合流?
先日、「プロデュース X 101」の最終回を迎えました。 日本でも大人気である、筆者も推していた個人練習生のイヒョプ君がウリムエンターテイメントに所属することがわかりました! こんなに早く事務所が決まるとは思いませんでしたね! それでは改めて、イヒョプ君の今後の応援の仕方について紹介してみたいと思います。
【プロデュース X 101】練習生よりも人気がある?国プ代表【イ・ドンウク】人気の理由は?
「PRODUCE X 101」サバイバルオーティション特有とも言えるドラマティックな展開に、ある意味中毒性も伴う魅力にハマってしまう方も多いと思います。皆さんそれぞれの推しメンがいると思いますが、今回は練習生たちよりも人気が集まっている?!国民プロデューサー代表のイ・ドンウクさんについて注目してみたいと思います。
「プロデュース101」シリーズのテーマ曲をまとめてみた!PICK ME-ナヤナ-ネッコヤ-ジマを聞き比べ!
毎シーズンで登場する、テーマ曲です。 一度聴いたら頭から離れなくなるような、中毒性を持つサウンド。 力強さと可愛らしさが引き立つ、表情豊かで華麗なダンス。 練習生らしい純粋なビジュアルの中にも、高いエンターテイメント性をあわせもった見事なパフォーマンス。 そこで今回は、全シーズンのテーマ曲をまとめてみました。
【プロデュース X 101】 最終順位発表で【X1】が誕生!遂にデビューが決定した11人を紹介
「プロデュース101」は今シーズンで4回目となり、今回も熾烈な争いを繰り広げました。 今回は、最終順位の発表を記録したいと思います。 みなさんの予想はいかがでしたでしょうか? 新しいグローバルグループ「X1」の誕生ですね! 選ばれた11人の練習生たち、これからの活躍を期待したいと思います!

 

PRODUCE-X-101
スポンサーリンク
なないろライフ

コメント