Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「プロデュース101」シリーズのテーマ曲をまとめてみた!PICK ME-ナヤナ-ネッコヤ-ジマを聞き比べ!

エンタメ

PRODUCE101(プロデュース101)」シリーズの名物といえば・・。

毎シーズンで登場する、テーマ曲です。

一度聴いたら頭から離れなくなるような、中毒性を持つサウンド。

力強さと可愛らしさが引き立つ、表情豊かで華麗なダンス。

練習生らしい純粋なビジュアルの中にも、高いエンターテイメント性をあわせもった見事なパフォーマンス。

ドキドキしながら見入ってしまいますよね!

そこで今回は、「プロデュース101」全シーズンのテーマ曲をまとめてみました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「PRODUCE 101」

放送期間:2016年1月22日~4月1日

国民プロデューサー代表:チャン・グンソク

誕生グループ:I.O.I(アイオーアイ)
活動期間:1年

 

3,450万回再生超

 

テーマ曲タイトル:「PICK ME」

センター:チェ・ユジョン(Fantagio)

作詞・作曲:Midas-T
編曲:DJ KOO, Maximite

 

「PRODUCE 101」シーズン2

放送期間:2017年4月7日~6月16日

国民プロデューサー代表:BoA

誕生グループ:Wanna One(ワナワン)
活動期間:1年6ヶ月

 

2,544万回再生超

 

テーマ曲タイトル:「나야나(ナヤナ) (PICK ME) 」

センター:イ・デフィ(BRANDNEW MUSIC)

作詞:PRODUCE 101
作曲:Ryan S. Jhun, Emile Ghantous, Keith Hetrick, Appu Krishan, Cheryline Lim, Jason Jones, Zaydro, RHeaT
編曲:Ryan S. Jhun, Zaydro, RHeaT

 

「PRODUCE 48」

放送期間:2018年6月15日~8月31日

国民プロデューサー代表:イ・スンギ

誕生グループ:IZ*ONE(アイズワン)
活動期間:2年6ヶ月

 

3,217万回再生超

 

テーマ曲タイトル:「NEKKOYA(ネッコヤ) (PICK ME)」

センター:宮脇 咲良(HKT48)

作詞:PRODUCE48
作曲:Flow Blow, airair, Louise Frick Sveen

「PRODUCE X 101」

放送期間:2019年5月3日~7月19日

国民プロデューサー代表:イ・ドンウク

誕生グループ:X1(エックスワン)
活動期間:5年

 

1,407万回再生超

 

テーマ曲タイトル:「_지마 (X1-MA)(ジマ)」

センター:ソン・ドンピョ(DSPメディア)

作詞:PURODUCEX101
作曲:Fredrik Figge Bostromほか

 

さいごに

改めて聞き比べると、やっぱりどのMVもクオリティが高く中毒性を感じますね。

大勢の練習生で繰り広げられる、壮大なステージに圧巻です。

改めてシーズンごとに聴くと、その時の苦労している練習生たちを思い出してしまうくらいです。

まさにテーマソングとして、ふさわしい曲ばかりですよね。

ところで、今年の下半期から「PURODUCE101 JAPAN」が始まるようですが、
日本版もこのような、印象に残るテーマソングは生まれるのでしょうか?

ちょっとだけ期待してみましょう!

 

【プロデュース X 101】練習生よりも人気がある?国プ代表【イ・ドンウク】人気の理由は?
「PRODUCE X 101」サバイバルオーティション特有とも言えるドラマティックな展開に、ある意味中毒性も伴う魅力にハマってしまう方も多いと思います。皆さんそれぞれの推しメンがいると思いますが、今回は練習生たちよりも人気が集まっている?!国民プロデューサー代表のイ・ドンウクさんについて注目してみたいと思います。
「BY9」がニューヨーク・タイムズスクエアの広告に!広告料はどのくらい?デビューする可能性は?
今回は、最終回のファイナルステージで残念ながら脱落してしまった9人の練習生たちを応援する、ファンダムによって作られたグループ「BY9」についての紹介と、 その熱い思いによって、ニューヨークのタイムズスクエアに広告を出すようなので、詳しく調べてみました。 「BY9」がデビューできる可能性についても、考察してみます。

 

 

 

エンタメ
スポンサーリンク
なないろライフ

コメント