Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コスパがいい!キッチンの油汚れをスッキリ落としてピカピカにする方法は?

家事

婦にとってキッチンは、日々の仕事場です。

料理をする場所ですから、油汚れもすぐついてしまいます。

毎日のメンテナンスも大変ですよね。

日々のこまめな掃除が大事だと、頭ではわかっていても、
「あとでやる」「あとでやろう」と怠けていると、

すぐにとんでもなく、荒れた状態に発展してしまうキッチン。

今回は、スボラな性格の私でも、日々のキッチンの掃除が苦にならない
スッキリ落とせる洗剤と、掃除のコツをいくつか紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

油汚れに効果的なのはアルカリ洗剤

アルカリ洗剤は油汚れに効果的なのです。

今回紹介する方法は、こちらです。

コスパがいい100均の洗剤

100均のお店で見つけた、「レンジの洗剤」という商品。

アリカリ性の洗剤です。

とてもシンプルな商品名ですが、
こびりついたレンジの汚れに、最適なのでしょう。

しかし、レンジだけではもったいないです。

それだけ頑固な汚れに効くということは、
日々のちょっとした、キッチン壁に飛び散った油汚れなどならば
一瞬で落としてしまうことが可能なのです。

そして300ml入りで100円(税抜)で購入できるなんて、
なんて素晴らしいのでしょう!

用意するのは、アルカリ洗剤と布巾3枚

用意するのは、アルカリ洗剤と掃除用の雑巾や布巾3枚です。

布巾は必ず、3枚用意しましょう。

もちろん布巾の枚数は、範囲の広い場所の掃除の場合は多めに必要ですが、
今回はキッチン壁のみで、日々の簡単な掃除の紹介ですので3枚となります。

薄めて使うとさらに便利

アルカリ性洗剤は、洗浄力がかなり高いので、
薄めて使っても、十分に効果を発揮することができます。

私の場合はいつも、3/1もしくは4/1濃縮にして、使用しています。

そんなに薄めて、ちゃんと落ちるの?

と、思うかもしれませんが、心配ありません。
むしろその方が安全に使えます

濃縮せずそのまま使っても、もちろん大丈夫ですなのですが、

アルカリ性は刺激の強い洗剤なので、手荒れなどの恐れがあります。

特に女性の方や、肌が敏感な方でしたら、ゴム手袋を使用することをおすすめします

十分に効果が発揮できて、
薄めて使えばなお、最高のコストパフォーマンスになりますね!

日々のキッチン壁の拭き取り掃除をしよう

一番汚れる場所が、コンロ周辺やキッチン壁ですね。

おそらくキッチン壁は、タイルもしくはキッチンパネルが壁財となっている家が多いと思います。

我が家はタイル壁です。

どちらにしても、ピッカピカを目指していきましょう!

手順その1

気になる場所、もしくは全体にスプレーします。

スプレーは飛び散るから嫌だという方は、布巾にスプレーしてもOKです。

この時、目に入らないよう、くれぐれも注意が必要です。

商品の説明書きにもありますが、除菌効果を発揮させたい場合は、
スプレーした後、5分間放置させます。

手順その2

1枚目の布巾を水に浸して、固くしぼります

そして汚れてる場所を、布巾で拭いていきます。

布巾でこすって汚れをかき出す・・というより、
分解して浮き上がった汚れを、泡ごと布巾に閉じ込めるイメージです。

手順その3

2枚目の布巾を水に浸して、十分に染み込ませます。

ここでは、軽くしぼるのがコツです

洗剤を水で洗い流すイメージで、軽くこすり拭き取ります。

布巾が汚れたら、お湯で洗い軽くしぼって、また拭き取りを繰り返します。
※お湯で洗う方が、洗いやすいです。

手順その4

ここから少しだけペースアップです。

3枚目の布巾を使って、拭き上げ(仕上げ)です。

水分を完全に拭き取ります。

この時の拭いている感触に注目です。

キュッキュッと軽く滑る感覚ですと、まだピカピカ仕上げにはなりません。

ゴソッゴソッと、拭いた手の感触が重くなったとき、完全に水分がなくなり、
見た目がピッカピカになっています。

角や縁をねらって、プロの仕上げに!

掃除は、汚れを落とすことが目的ですが、
「キレイに見せる」ことも、とても重要です。

キレイに見えた方が、掃除をした実感が湧きます。

私のように、基本めんどくさがりの人間にとっては、
やった感(実感)がないと、取り組むのが大変だったりするのです・・・。(恥)

キッチンであれば、コンロやキッチン台のヘリ(縁)の部分、
吹き上げの際に、最後の仕上げとして、角やヘリの部分を集中してこすることで、
全体がキマります

少し斜めや、角度を変えて見ると、光り輝くプロの仕上がりのように見えます。

これは、キッチンだけではなく、
家電や家具などを拭き掃除するときにも、便利な方法です

まとめ

作業の流れを簡単にまとめると、

●掃除したい場所に洗剤をスプレーして、固く絞った布巾で軽くこする
●軽く絞った布巾で、洗剤を拭き取る
●乾いた布巾で、少しだけ強めにこする

こんな感じで、とても簡単です。

忙しく時間がなかなかない方でも、簡単にできるイメージだと思います。

スボラでめんどくさがりの私でも、しっかり実践できるので大丈夫です。(笑)

ピッカピカに変身した清潔なキッチンは、やっぱりいいものですよね。

 

コメント