Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鉄フライパンってどうなの?手入れは大変?テフロン加工と比較してみた

家事

ろそろ、フライパンの買い換えを考えています。

今は、テフロン加工のフライパンの使っているのですが、コティング材も剥がれ、料理してもくっつきやすいし、焦げ付きがひどくなりました。

前回の記事で書いたように、

強火で調理できないテフロン加工のフライパンよりも、鉄フライパンに少し興味を持ちだしたので、どうなのか詳しく調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鉄フライパンに興味をもった理由

鉄フライパンの存在はもちろん知っていましたが、「手入れがよくわからないけど大変そう」「重そう」というイメージがありました。

テフロン加工のフライパンはとにかく軽いですよね!
重いとそれだけで疲れちゃいそうなので(汗)鉄フライパンの特徴などを捉えず、今までは選択肢にはありませんでした。

そもそも、テフロン加工のフライパンは長持ちがしなく、しょっちゅう買い換えないといけない、というところでずっと悩んでいたので、「一生もの」「何年も使える」「ガンガン焼ける」というキーワードで興味が湧いてきました。

重さについては、今回は妥協が必要かな?というところですね。

鉄フライパンの扱い方

鉄フライパンは、油がなじんでこそ良さを発揮するフライパンです。
日々使っていくうちに、油が鉄になじんで行くので「使えば使うほどいいフライパンになる」ものなのです。

最初はまだ油がなじんでいない分、焦げ付きやすかったりします。
調理するときは、十分にフライパンを熱して油の量も多めに使うと、焦げ付きを抑えることができるようです。多少焦げ付いても、気にしなくていいということですね

そして調理後のお手入れ方法についても、注意があります。
油をなじませるという意味と、フライパンの錆び付きを防ぐための扱い方を紹介します。

・調理後はなるべくすぐに洗う
洗剤は使わず、お水かお湯で
スポンジ又はたわしなどで洗う
・水分を取るために強火で加熱

普段のお手入れは、この程度のものですが、これを大変と思うかどうかは人によりますね。

鉄フライパンを買ったらやること

調理をする前に、最初だけやる作業があります。

フライパンの錆び付きや焦げ付きを防止するための作業で、今後長持ちさせるための大事な儀式となるのです。それが「空焼き」と「油ならし」です。

空焼きの方法
①フライパンを中性洗剤で軽く洗う。
②中火にかけ強火で加熱する。
③まんべんなく、薄青色になるまで加熱。
④火からおろして、自然に冷ます。
「空焼き」をする理由は、鉄フライパンを製造したときに錆び止めとしての塗装(無害)がされており、このをはがし落とすためです。
また、調理の際の食材をくっつきにくくするためでもあります。
油ならしの方法
①中火で熱し、油を1カップほど入れる。
②弱火で5分ほど加熱する。
③油をあけて、キッチンペーパーなどで拭き取る。

「油ならし」をする理由は、表面に油をなじませて焦げ付きやくっつきを抑えるためです。
フライパンの表面には、小さな穴がたくさんあり、その穴を油でふさぐことで薄い油の膜ができます。この油の膜によって焦げ付きやくっつきを抑える効果があるので、とても重要な作業です。

そして購入の際は、既に「空焼き済み」だったり、「油ならし済み」の商品もありますので、説明事項などは要チェックです。

テフロン加工フライパンとの比較

テフロン加工のフライパンと鉄フライパンでは、扱い方が全く違います。

テフロン加工のフライパンは、
・調理後すぐに洗ってはいけない。
・中性洗剤でスポンジで優しく洗う
・強火で調理してはいけない
・空焼きは絶対NG

このように、鉄フライパンの扱い方とは真逆のことを行うのですね。
手入れ方法の大変さだけで考えると、テフロン加工のフライパンと鉄フライパンのどちらがいいか、という判断は難しいかもしれません。それぞれ方法が全く違うだけで、長持ちをさせるためには、どちらも注意しながらの入念な手入れを必要とするからです。

では、各フライパンのメリットとデメリットを見てみます。

テフロン加工のメリット
・食材がくっつきにくい
・油が少量でも良い
・軽い
テフロン加工のデメリット
・強火調理ができない
・寿命が短い
鉄フライパンのメリット
・鉄分が摂れて料理が美味しい
・強火でガンガン調理できる
・長持ちできる
鉄フライパンのデメリット
・重い
・最初だけの作業が少し大変

比較をして選ぶ場合、結局自分が一番したいのは何か?になるので、その何かがメリットにあるものを選ぶのが良い選択方法と言えるでしょう。

まとめ

私は数年前まで、フライパンを使った後にすぐに洗いたくて、毎回のように水をかけてジュッとしていた経緯があり、それが劣化の原因と知ってからはやっていなかったのですが、鉄フライパンはむしろジュッとやっていかないといけないところにも興味が湧きました。

今回初めて鉄フライパンに挑戦してみたいと思っています。

果たしてズボラな性格の私でも、鉄フライパンを使いこなすことができるのでしょうか?
できるだけ長持ちさせたい思いで、フライパンは消耗品という考えから抜け出したいですね!

【最強】鉄フライパンで我が家のキッチンが洋食屋さんに変身!

家事
スポンサーリンク
なないろライフ

コメント