Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

上皇誕生日は祝日になる?今上天皇の誕生日は?大正天皇誕生日だけが祝日ではないのは何故?

イベント

019年は、天皇誕生日はありません。

その理由は5月1日に新天皇が即位され、新天皇の誕生日が2月23日なので、2020年から天皇誕生日が新しい祝日になります。

ところで、上皇殿下の誕生日である12月23日はこれから毎年平日に変わるのでしょうか?それとも、祝日として残る可能性はあるのでしょうか?

さまざまな角度から探って予想してみます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歴代の天皇誕生日はどうなってるの?

現在は日本の祝日法で定められた祝日の中に、明治天皇の誕生日であった11月3日が文化の日として今も残り、昭和天皇の誕生日であった4月29日が昭和の日として残っています。

明治時代に天皇誕生日(当時は「天長節」という名称)があり、明治天皇が崩御され15年後の昭和2年に明治節(現在の「文化の日」)という祝日ができました。

昭和時代にも天皇誕生日があり、昭和天皇が崩御された年の1989年からみどりの日(現在は「昭和の日」)として祝日になっています。

しかし、昭和時代と明治時代の間に大正時代がありましたね。

大正時代当時にも、天皇誕生日(天長節)がありましたが、大正天皇崩御後は現在に至るまで、天皇の誕生日は今は残ってはいません

大正天皇が崩御された1926年(大正15年)12月25日からわずか一週間で昭和元年が終了し、翌年昭和2年の祝日法施行により祝日として定めたのが、明治天皇誕生日(現在の文化の日)です。

あれ?

大正天皇の存在はどこへいった?

という感じですね。

しかし現状としては、このように歴代天皇の誕生日は、現在も残っていたり残っていなかったりとなっているようです。

少し余談ですが、明治天皇以前のすべての歴代天皇の誕生日を祝日とした場合、121人いる関係上、3日に1回は祝日がやってくる計算になってしまうので(汗)ここでの歴代とは明治天皇までとさせていただいております。

 

大正天皇誕生日が祝日ではない理由

なぜ大正天皇の誕生日が、現在祝日として残っていないのか?というよりも、まずなぜ明治・昭和天皇の誕生日が祝日として残っているのかを見てみたいと思います。

明治天皇が名君とされ近代日本の礎を築いたという功績を偲(しぬ)び、11月3日が明治節として休日となった。

として、現在は「文化の日」として明治天皇の誕生日が祝日となりました。

また、

激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす日。

として、現在は「昭和の日」として昭和天皇の誕生日が祝日となりました。

ではなぜ大正天皇の崩御後、誕生日が祝日になっていないのでしょうか?

 


出典: フリー百科事典(Wikipedia)

 

それは大正天皇が崩御された1926年当時の時代背景が少し関係しているようです。

大正時代は15年間と、とても短い間でした。
生まれつき病弱だった大正天皇は、その半分以上の期間を病に伏せておりました。

第一次世界大戦の中、ヨーロッパを中心にロシア革命やドイツ革命の影響で君主制が動揺し、日本国内においても大正デモクラシーなどで、革命を起こそうという機運が高まっていたのです。

とても緊張感が漂う時代背景だったのです。

そんな危機感あふれる時代に、天皇が病弱であってはその権威を失墜させてしまう恐れがある、ということで、若くて元気だった皇太子(後の昭和天皇)を全面的に前に出して皇室のイメージアップを図ったのです。

大正天皇の崩御後も、新しい天皇陛下に人々の関心が向くように大きく盛り立てたのです。

このように大正時代を忘れさせようとしたのですね。

 

上皇誕生日について政府の見解

 

働き方改革の一環である、勤務時間や残業を減らすなど、これまでの過酷な労働体制を改善する目的や、ハッピーマンデー制度のように休みが増えることで世の中の経済効果を狙うということもあり、政府としては祝日を増やしたい意向ではある、という印象はありますが、あまりやりすぎても反論が出てしまうでしょう。

どのような日を祝日にするかは多様な論点があり、皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするかは国民各層の幅広い議論が必要だと思っている。

と、2017年の暮れに菅官房長官が述べています。

その時の様子を見ながら検討していく、ということになりますね。

 

まとめ

天皇陛下の譲位によって新しい時代が始まる今回の「御代替わり」ですが、天皇陛下崩御による皇位継承ではないので、何かと難しい仕組みや用語など新しい法律もあります。

特例であるからこそ、今までと全く同じというわけにもいかないでしょう。

前天皇陛下が譲位され5月1日以降は「上皇」になられます。

仮に12月23日が「上皇誕生日」として祝日となると、新旧の天皇陛下が併存することによる「二重権威」と捉えられる可能性もないとは言えない、という声もあるようです。

そんな懸念が心配される中、「上皇誕生日」が新たに生まれることは、現時点では難しいのかな?と思います。

ということで、12月23日は当面平日となる可能性が高いでしょうね。

 

コメント