PRODUCE-X-101

スポンサーリンク
PRODUCE-X-101

【アンPD逮捕】を受け「X1」ファンはどう向き合うべき?【不正操作疑惑問題】プエク

番組の有料投票に参加した視聴者によって、番組制作陣となるMnetの関係者と一部芸能事務所の関係者を詐欺容疑で告訴したのです。 7月31日にMnetの親会社であるCJ ENMとデータセンターを警察が家宅捜査し、8月に入り本格的にソウル地検が捜査をはじめました。
PRODUCE-X-101

「PRODUCE X 101」涙が止まらない【感動的の名場面】をまとめてみた!Eps.8~10

日本では、「PURODUCE 101 JAPAN」もスタートし、今後もますます期待が高まる予感しかしないこのシリーズ。 今回は「PURODUCE 101」シリーズには欠かせない、感動の名場面を集めて紹介してみたいと思います。 前回のEps.7までの続編となる、Eps.8~10の感動シーンを集めてみました!
PRODUCE-X-101

ヘナミ【イジヌ】の「プロデュース X 101」脱落までを振り返る!今後の活動はどうなる?

「X1(エックスワン)」もデビューし、これからの活躍が期待されますね! しかし当然ですが、その裏ではデビューできなかった脱落組の練習生も沢山います。 今回はその中で、本国韓国ではもちろん日本でもファンが多かったイ・ジヌについて紹介してみたいと思います。 プロデュース X 101での、イ・ジヌを振り返ります。
PRODUCE-X-101

【X1】「PURODUCE X 101」初回放送からショーコンまで! 選ばれた11人の軌跡!

遂に先日、8月27日に「X1」がデビューしました! 「プロデュースX101」から誕生した、新しいグローバルアイドルグループです。 今回は改めて、X1のメンバーとなった11人の軌跡を辿ってみたいと思います。 「プロデュースX101」の初回放送から、各メンバーそれぞれを振り返ります。
PRODUCE-X-101

国プ代表イドンウクの 心に残る【感動の名言集】国プ代表としての優れた人間力とは

今シーズンの「プロデュースX101」にて、ある意味練習生以上に注目が集まったが、国民プロデューサー代表のイ・ドンウク氏でした。 練習生たちに寄り添い、良き兄貴として慕われていたイドンウク氏です。 今回は番組内でドンウクが発した、まさに「神の声」とも言える数々の名言を集めてみました。
PRODUCE-X-101

ウリムズ【キムドンユン】プデュX101での苦悩とチャンウクとの友情について・性格や魅力は?

まもなく、新グループ「X1(エックスワン)」が、正式にデビューしますね! しかし当然のことながら、その裏ではデビューできなかった脱落組の練習生も沢山います。 今回はその中でも、日本でもファンが多かったキム・ドンユンについて紹介してみたいと思います。 プロデュース X 101での、キム・ドンユンを振り返ります。
PRODUCE-X-101

「BY9」がニューヨーク・タイムズスクエアの広告に!広告料はどのくらい?デビューする可能性は?

今回は、最終回のファイナルステージで残念ながら脱落してしまった9人の練習生たちを応援する、ファンダムによって作られたグループ「BY9」についての紹介と、 その熱い思いによって、ニューヨークのタイムズスクエアに広告を出すようなので、詳しく調べてみました。 「BY9」がデビューできる可能性についても、考察してみます。
PRODUCE-X-101

「プロデュース101」シリーズのテーマ曲をまとめてみた!PICK ME-ナヤナ-ネッコヤ-ジマを聞き比べ!

毎シーズンで登場する、テーマ曲です。 一度聴いたら頭から離れなくなるような、中毒性を持つサウンド。 力強さと可愛らしさが引き立つ、表情豊かで華麗なダンス。 練習生らしい純粋なビジュアルの中にも、高いエンターテイメント性をあわせもった見事なパフォーマンス。 そこで今回は、全シーズンのテーマ曲をまとめてみました。
PRODUCE-X-101

ブランニューミュージックの実力派リーダー【キムシフン】の性格や魅力について!(プデュX101)

新グループ「X1(エックスワン)」として、11人のメンバーが決定しました。 しかし当然の如く、その裏ではデビューできなかった脱落組の練習生も沢山います。 今回はその中でも、日本でもファンが多かったキム・シフンについて紹介してみたいと思います。 プロデュース X 101での、キム・シフンを振り返ります。
PRODUCE-X-101

プロデュース X 101【イヒョプ】のプロフィール・性格や魅力について・今後の活動は?

11人の練習生がデビュー決定となりました。 その裏で、惜しくも脱落してしまった練習生たちが沢山います。 今回はその中でも、日本でも人気のあったイ・ヒョプ君について注目してみたいと思います。 「プロデュースX101」を振り返ります。