足臭いのはどうすればいい?洗ってもとれない足の臭いをスッキリ取り除く方法とは?

ライフ

が臭いのって・・・本当にイヤですよね。

でも、足が臭くなるのってけっこう当たり前なのです。
どんなに汗をかきにくい人でも、1日で両足に約200mlもの汗をかくそうです。
素足に靴下を履き、靴を履いているわけですから、まったくムレない人はいません。

当たり前とはいえ、足が臭くなるなんて、本当にイヤですよね。

そして足の臭いで悩んでいる人は、男女問わずけっこう多いようです。
今回は足の臭い対策として、我が家で実践している方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ足は臭くなるの?

まず足にかかわらず、実は人間の汗そのものは無臭なのです。

体に汗をかいた瞬間は、特に臭く感じないと思います。しかし時間の経過により、汗を栄養源として菌が発生しさらにどんどん繁殖してしまうため、その菌たちの老廃物がくさい臭いとなって放出されるのです。

これが基本的な、汗をかいたときに臭くなるメカニズムです。

ではなぜ「足の臭い」は独特で、異様な臭いがするのでしょうか?

それは「靴下を履き、靴を履く」ことによって、湿度が100%になってしまうので、菌が発生し繁殖してしまうのです。常に高温で多湿状態であることは菌が繁殖する最高の環境と言えます。

しかし外に出る以上、靴を履かないわけには行きません。ましてや毎日朝から晩まで革靴を履いて仕事をしなければならない方は、防ぎたくても防ぐことはできませんね。

スポンサーリンク

いろいろな対策法

靴下をこまめに変える


サラリーマンの男性などは足を匂いを気にして、一日に何回か靴下を変えてる方も多いようです。お昼休みや仕事帰りの飲み会などで、急遽お座敷のお店などに行くこともあるので、常に足の匂いを気にしている方が多いのです。足の臭い対策として靴下をこまめに変えるのは、大変大きな効果が期待できます。替えるときに、タオルなどで足を拭くと尚効果的です。

しかし仕事柄、日中なかなか靴下を変えられる余裕がない場合もありますよね。
そんな方には、下の画像のような5本指の靴下がムレ防止となりますので効果が期待できます。

靴のケア

靴の中の環境状態により、汗から菌が発生し繁殖してしまうのはどうしても避けることはできませんが、日々のケアによってかなり臭いなどを抑えることはできます。消臭や殺菌スプレーなどでこまめにケアすることも大事ですし、帰ってきたら乾燥剤を入れることも効果的です。

しかし臭いの元となるのはやはり菌がすべてなので、本当は丸洗いが可能であれば定期的に洗うことも大事です。革靴など、種類によっては丸洗いが難しいものもありますので注意が必要です

臭いが気になる方は、基本的に毎日同じ靴を履くのはNGです。吸収してしまった汗と共に、なるべく菌の繁殖を防ぐためにも乾燥させる時間が必要です。

スポンサーリンク

洗っても落ちない臭いはどうすればいい?

帰宅して、すぐにお風呂に入り足を洗っているにもかかわらず足の臭いが取れないことってありませんか?恐らく、ちょっとイヤな表現になってしまますが、「足に臭いがこびりついている状態」なのだと思います。うちの夫もこのような時期があり、何をやっても臭いが取れないと悩んでいました。そこで、いろいろ試してみて一番効果的だった方法を紹介します。

まずは一旦、こびりついた臭いの元となる菌を取り除くという意味で、足の裏を徹底的に洗浄してみました。軽石や荒めのブラシなどで足裏の角質を取り除きます。あくまでも余分な角質を取り除くイメージです。

次に登場するのが、「焼みょうばん」です。みょうばんは食品添加物で、ナスの漬物を作るときにナスの鮮やかな色をそのまま残すために使われたりします。普段はなかなか聞き慣れないものですが、スーパーの漬物売り場、もしくは乾物コーナーなどで売っています。値段もかなりリーズナブルで30~50g入りで100円するかしないかです。


まずは、「焼みょうばん」30gに対して500mlの水道水で溶かします
ちょっと溶けにくいのが難点ですが、ひたすらシェイクします。完全に溶けなくても大丈夫です。2~3分くらいシェイクできればOK!

溶かしたみょうばん水をスプレーボトルに移します。

あとは、綺麗に洗った足の裏に数回スプレーするだけです。足指を中心にスプレーすると良いです。スプレーした後はそのまま放置して自然乾燥させるか、気になる方は軽くティッシュなどで抑えても良いと思います。

みょうばん水は、必ず冷蔵庫で保管します。

みょうばんは水に溶けると酸性になる特徴があります。酸性によって臭いの元となる細菌の繁殖を防ぐ効果があります。また殺菌作用もありますので、すでにある細菌=臭いを軽減する効果も期待できます。

よって足だけではなく、靴の中にスプレーして日光浴させても良いと思いますし、気になるワキの下に使っても良いのです。
とにかく食品添加物という安全性を持ちながら、万能に使えるところが素晴らしいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

とにかく、洗っても落ちなかった足の臭いが「みょうばん水」によってだいぶ緩和されました。
何よりもリーズナブルなところが嬉しいです。

気になる臭い、気になる体臭などの対策法として、コロンや香水などでいかに臭いをごまかすという方法もありますが、そもそもそれだと問題解決にはならなりません。臭いの元となるものを排除していかないと、結局はごまかすのも限界がきてしまいます。

お金をかけなくても、しっかりとした対策ですっきり臭いも落とすことができるので、日々お悩みの方はぜひ一度お試し下さい!

【ゆうパケット送料込み】焼ミョウバン 100g

価格:355円
(2019/3/19 15:21時点)
感想(13件)

コメント