クイーンダム2 第3回目 「ユニットバトル」第1ラウンドの順位とフルVr. 動画まとめ!再生回数も比較!

QUEENDOM2

 

2022年3月31日より放送開始された、「QUEENDOM2(クイーンダム2)」

6組(VIVIZ,WJSN,Breve Girls,LOONA,Kep1er,ヒョリン)のガールズグループ・アーティストがプロとしての意地とプライドを見せて、熱戦が繰り広げられています。

日本でもかなり大きな話題を呼んでいる、「QUEENDOM2(クイーンダム2)」

今回は、第1回目と第2回目の結果発表も交えて、いよいよ終盤に差し掛かる第3回目の審査「ユニットバトル」での、結果発表とパフォーマンス動画をまとめてみました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クイーンダムについて

同時にカムバックする6組のガールズグループが競演し、その中でナンバーワンを決定するのが「QUEENDOM」です。

K-POP界のクイーンの座を賭けて熱い闘いを繰り広げる、今回はそのシーズン2。

前回の優勝グループは「MAMAMOO(ママムー)」でした。

優勝を勝ち取ったグループは、全世界同時送信となる「プレミアムカムバックショー」を行うことができるのです。

 

スポンサーリンク

前回までの結果

それでは、これまでのバトルの結果を紹介したいと思います。

第1回目「代表曲バトル」

「代表曲バトル」はその名の通り、それぞれのグループを象徴する代表曲を選出し、アレンジなども交えながらパフォーマンスをし対決をするというものです。

その結果がコチラです。

1位 ヒョリン  10,000点満点
2位 WJSN(宇宙少女)  7,141点
3位 VIVIZ  5,837点
4位 Kep1er  4,701点
5位 Breve Girls  4,116点
棄権  LOONA(今月の少女・イダレソニョ)

ヒョリンが満点で、堂々1位を獲得しました。

今月の少女(イダレソニョ)については、練習中にメンバー全員がコロナウイルス陽性となり棄権という残念な結果になりました。

第2回目「カバー曲バトル」

ライバルでもある出演グループの曲をアレンジし、カバーしてパフォーマンスを行うバトルです。

その結果がコチラ。

1位 ヒョリン 10,000点満点
2位 今月の少女(イダレソニョ) 6,432点
3位 宇宙少女 5,397点
4位 VIVIZ 4,433点
5位 Kep1er 4,031点
6位 Brave Girls 2,961点

今回もヒョリンが満点を獲得し、安定の1位でした。

スポンサーリンク

第3回目「ユニットバトル」について

出演グループがそれぞれボーカル代表チームとダンス代表チームに分かれ、他グループのチームとユニットを組んでパフォーマンスをするバトルです。

ボーカルユニット・ダンスユニットにそれぞれ順位をつけるのですが、各順位の点数がコチラです。

1位 2,500点
2位 1,500点
3位 500点

ボーカルユニットとダンスユニットのそれぞれの点数を合計点が最終点数となり、順位が決まります。例えばボーカルユニット・ダンスユニット共に1位を獲得したグループは、5,000点満点となります。

 

スポンサーリンク

「ユニットバトル」第1ラウンド順位

それでは「ユニットバトル」第1ラウンドの、パフォーマンスと順位を紹介します。

各曲の動画(M-net公式)のフル.verと、再生回数も記載します。(随時更新あり)

ボーカルユニット1位

宇宙を抱く銀河(ウナ) 「私の手を握って」

再生回数 2,954,503回 (2022.6.2現在)

メンバー
WJSN(宇宙少女) -ヨンジョン・スビン
VIVIZ -ウナ

 

ボーカルユニット2位

33 「私の思春期に」

再生回数 1,924,478回 (2022.6.2現在)

メンバー
ヒョリン
Brave Girls -ミニョン

 

ボーカルユニット3位

太陽と月 「蝶の少女」

再生回数 2,659,031回 (2022.6.2現在)

メンバー
イダレソニョ -チュウ・キムリップ・ジンソル・ハスル
Kep1er -チェヒョン・ヨンウン

 

ダンスユニット1位

クイーンイナ 「タムイナ」

再生回数 3,820,757回 (2022.6.2現在)

メンバー
Brave Gils -ウンジ
イダレソニョ -イヴ・チェリ・ヒジン・オリビアへ

 

ダンスユニット2位

Ex-it 「KA-BOOM」

再生回数 1,390,540回 (2022.6.2現在)

メンバー
ヒョリン
WJSN -ヨルム・ウンソ

 

ダンスユニット3位

ケヴィージ 「Purr」

再生回数 3,000,133回 (2022.6.2現在)

メンバー
VIVIZ -シンビ・オムジ
Kep1er ーダヨン・シャオティン・ヒカル

 

第1ラウンド 各グループの総合点

第一ラウンドの各ユニットの順位が決定し、グループの総合点も決まったので紹介します。

ヒョリン 3,000点
WJSN(宇宙少女) 4,000点
Brave Gils 4,000点
VIVIZ 3,000点
イダレソニョ 3,000点
Kep1er 1,000点

前回の「カバー曲」バトルで、最下位となった Brave Gils が高得点を叩き出したのは嬉しいところだと思います。

今回の最終順位で最下位になってしまった場合は、脱落となってしまうので第2ラウンドにも注目したいところです。(2回連続最下位の場合、即脱落というルール)

 

スポンサーリンク

さいごに

番組も半ばを過ぎ、3回目の審査・第2ラウンドが終了するといよいよファイナルステージを迎えます。

ユニット対決では、違うグループ同士がひとつのユニットを組み、最高のステージを作るという同じ目的で右往左往しながら懸命に進む姿がとても新鮮ですよね。

今までのグループ同士の熱い闘いとは、また違った魅力が感じられると思います。

そして最終的に、どのグループ・アーティストが優勝を手にするのか・・・

皆さんの予想はいかがでしょうか?

クイーンダム2 第3回目 「ファンタスティッククイーンダム」第2ラウンド最終順位とフルVr. 動画!再生回数も!
同時にカムバックする6組のガールズグループが競演し、その中でナンバーワンを決定するのが「QUEENDOM」です。今回は「QUEENDOM(クイーンダム2)」の終盤となる、第三回目の審査・第2ラウンドとなる「ファンタスティッククイーンダム」の順位結果と、フルVr.のパフォーマンス動画をまとめてみたいと思います。
クイーンダム2 第1回目 「代表曲バトル」順位 フルVr. 動画まとめ!再生回数も比較!QUEENDOM2
6組(VIVIZ,WJSN,Breve Girls,LOONA,Kep1er,HYOLYN)がプロとしての意地とプライドを見せて、熱戦が繰り広げられている。 日本でもかなり大きな話題を呼んでいる「QUEENDOM2(クイーンダム2)」 第1回目の審査「代表曲バトル」での、結果発表とパフォーマンス動画をまとめてみました。 第1回目審査「代表曲バトル」での、結果発表とパフォーマンス動画をまとめてみました。
クイーンダム2 第2回目 「カバー曲バトル」 順位・原曲動画と比較!再生回数も気になる!QUEENDOM2
6組(VIVIZ,WJSN,Breve Girls,LOONA,Kep1er,HYOLYN)のガールズグループ・アーティストがプロとしての意地とプライドを見せて、熱戦が繰り広げられています。 今回は第二回目の審査となる「カバー曲バトル」の結果と、そのパフォーマンス動画をまとめてみたいと思います。
QUEENDOM2 (クイーンダム2) のルールを簡単に説明!見どころは?MC・出演者を詳しく紹介します
22年3月31日「QUEENNDOM2」が放送開始。 今回は、前回の「QUEENDOM」を全く観てなかったからわからない、 サバイバル番組好きだけど、「QUEENDOM2」はどんな番組なのか全くわからない...という方でも存分に楽しめるように、番組のルールや内容について、簡単にわかりやすく説明していきたいと思います。

 

コメント