クイーンダム2 第3回目 「ファンタスティッククイーンダム」第2ラウンド最終順位とフルVr. 動画!再生回数も!

QUEENDOM2

2022年3月31日より放送開始された、「QUEENDOM2(クイーンダム2)」

6組(VIVIZ,WJSN,Breve Girls,LOONA,Kep1er,ヒョリン)のガールズグループ・アーティストがプロとしての意地とプライドを見せて、熱戦が繰り広げられています。

ABEMAにて無料字幕放送されているので、日本国内でも大きな反響を呼んでいるようです。

今回は「QUEENDOM(クイーンダム2)」の終盤となる、第三回目の審査・第2ラウンドとなる「ファンタスティッククイーンダム」の順位結果と、フルVr.のパフォーマンス動画をまとめてみたいと思います。

各動画(M-net公式)の再生回数も、随時更新しながら紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クイーンダムについて

同時にカムバックする6組のガールズグループが競演し、その中でナンバーワンを決定するのが「QUEENDOM」です。

K-POP界のクイーンの座を賭けて熱い闘いを繰り広げる、今回はそのシーズン2。

前回の優勝グループは「MAMAMOO(ママムー)」でした。

優勝したグループに特典として、全世界同時送信となる「プレミアムカムバックショー」を行うことができるのです。

 

スポンサーリンク

前回までの結果

それでは、これまでのバトルの結果を紹介したいと思います。

第1回目「代表曲バトル」

「代表曲バトル」はその名の通り、それぞれのグループを象徴する代表曲を選出し、アレンジなども交えながらパフォーマンスをし対決をするというものです。

その結果がコチラです。

1位 ヒョリン  10,000点満点
2位 WJSN(宇宙少女)  7,141点
3位 VIVIZ  5,837点
4位 Kep1er  4,701点
5位 Breve Girls  4,116点
棄権  LOONA(今月の少女・イダレソニョ)

ヒョリンが満点で、堂々1位を獲得しました。

今月の少女(イダレソニョ)については、練習中にメンバー全員がコロナウイルス陽性となり棄権という残念な結果になりました。

第2回目「カバー曲バトル」

ライバルでもある出演グループの曲をアレンジし、カバーしてパフォーマンスを行うバトルです。

その結果がコチラ。

1位 ヒョリン 10,000点満点
2位 今月の少女(イダレソニョ) 6,432点
3位 宇宙少女 5,397点
4位 VIVIZ 4,433点
5位 Kep1er 4,031点
6位 Brave Girls 2,961点

今回もヒョリンが満点を獲得し、堂々たる安定の1位です!

第3回目 第1ラウンド「ユニットバトル」

第3回目のバトル審査は、第1ラウンドと第2ラウンドに渡ります。

第1ラウンドは「ユニットバトル」

出演グループがそれぞれボーカル代表チームとダンス代表チームに分かれ、他グループのチームとユニットを組んでパフォーマンスをするバトルです。

そしてユニットバトルの点数に現場評価点数と出演者評価点数を合算し、最終的なユニットバトルの結果がコチラです。

1位 Breve Girls 10,000点
2位 宇宙少女 9,495点
3位 今月の少女(イダレソニョ) 6,653点
4位 VIVIZ 6,542点
5位 ヒョリン 5,790点
6位 Kep1er 4,597点

Breve Girls の逆転ぶりが凄かったですね。

2回連続1位を獲得したヒョリンが下降しているのも意外ですし、本当に凄まじい闘いになってきましたね。

 

スポンサーリンク

第3回目 第2ラウンド 「ファンタスティック クイーンダム」

第2ラウンドのテーマとなる「ファンタスティッククイーンダム」

これは各グループ・アーティストのファン達による推薦曲、リクエスト曲で作られるステージバトルです。

なんとファンタスティッククイーンダムで得られる点数の満点は15000点。

これまでの1回目・2回目のバトル点数が全て逆転してしまうほどの大きな点数を得られるという、とても重要なバトルとなるのです。

そして、第1ラウンドと第2ラウンドの点数を合算した結果、第3回目バトルの最終順位が決定したので紹介したいと思います。

第2ラウンド「ファンタスティッククイーンダム」でのステージ動画(M-net公式)と再生回数も記載します。(随時更新あり)

1位 Breve Girls

Red Sun

再生回数 1,762,209回 (2022.6.2現在)

 

2位 宇宙少女 (WJSN)

Pantomime

再生回数 2,191,514回 (2022.6.2現在)

 

3位 今月の少女(イダレソニョ)

Butterfly

再生回数 1,985,533回 (2022.6.2現在)

 

4位 ヒョリン

BAE

再生回数 998,829回 (2022.6.2現在)

 

5位 VIVIZ

BOP BOP

再生回数 2,223,819回 (2022.6.2現在)

 

6位 Kep1er

The Boys (QUEENDOM2 Ver.)

再生回数 4,200,874回 (2022.6.2現在)

 

スポンサーリンク

Breve Girlsの大逆転

第3回目のバトルは、第1ラウンドと第2ラウンドを合わせての結果になりました。

1回目は5位、2回目は6位という最悪な結果を残してきたBreve Girlsが、今回は1位を獲得するという快進撃が素晴らしかったと思います。

もしも今回、また6位という結果だった場合、脱落という結果になりファイナルステージに上がることができなかった為、ある意味命がけで挑んだステージだったと思います。

メンバー達の本気が見事に発揮できた結果、文句なしの1位でしたね!

一方、これまでずっと1位の座を維持してきた女王・ヒョリンが今回は4位という結果にも驚きです。

最後にまた巻き返すことができるのでしょうか!

 

スポンサーリンク

ファイナルステージについて

生放送となるファイナルステージでの点数配分を紹介したいと思います。

事前バトルの動画累積点数 5000点
ファンによる選択投票 5000点
カムバック音源点数 20000点
ファイナルステージの投票点 30000点

合計6万点

これに事前バトルの点数を合算し、最終的な優勝者が決定します。

生放送のファイナルステージで、「クイーンダム2」はこれにて終結となります。

熱いバトルが繰り広げられた「クイーンダム2」、いったいどのグループ(アーティスト)が優勝を手にするのでしょう!

 

スポンサーリンク

さいごに

前回放送の最後の予告で Breve Gilsのメンバーが涙していたので、もしかしたら脱落???
と思わせるシーンがありましたが、今回見事に1位を獲得できて本当によかったですね。
(さすがMーnetの仕掛けです(汗))

最後はどのようなステージが見られるのか、本当に楽しみです!

そして順位はいかに!

 

「QUEENDOM2」生放送ファイナルステージ♪

2022年6月2日 木曜日 夜9時20分~

 

いったいどのグループがK-POP界のクイーンの座を獲得するのか、NO1になれるのか、乞うご期待です!

クイーンダム2 第3回目 「ユニットバトル」第1ラウンドの順位とフルVr. 動画まとめ!再生回数も比較!
6組(VIVIZ,WJSN,Breve Girls,LOONA,Kep1er,ヒョリン)のガールズグループ・アーティストがプロとしての意地とプライドを見せて、熱戦が繰り広げられています。 「QUEENDOM2(クイーンダム2)」 終盤に差し掛かる第3回目の審査「ユニットバトル」の、結果発表とパフォーマンス動画をまとめ
クイーンダム2 第2回目 「カバー曲バトル」 順位・原曲動画と比較!再生回数も気になる!QUEENDOM2
6組(VIVIZ,WJSN,Breve Girls,LOONA,Kep1er,HYOLYN)のガールズグループ・アーティストがプロとしての意地とプライドを見せて、熱戦が繰り広げられています。 今回は第二回目の審査となる「カバー曲バトル」の結果と、そのパフォーマンス動画をまとめてみたいと思います。
クイーンダム2 第1回目 「代表曲バトル」順位 フルVr. 動画まとめ!再生回数も比較!QUEENDOM2
6組(VIVIZ,WJSN,Breve Girls,LOONA,Kep1er,HYOLYN)がプロとしての意地とプライドを見せて、熱戦が繰り広げられている。 日本でもかなり大きな話題を呼んでいる「QUEENDOM2(クイーンダム2)」 第1回目の審査「代表曲バトル」での、結果発表とパフォーマンス動画をまとめてみました。 第1回目審査「代表曲バトル」での、結果発表とパフォーマンス動画をまとめてみました。
QUEENDOM2 (クイーンダム2) のルールを簡単に説明!見どころは?MC・出演者を詳しく紹介します
22年3月31日「QUEENNDOM2」が放送開始。 今回は、前回の「QUEENDOM」を全く観てなかったからわからない、 サバイバル番組好きだけど、「QUEENDOM2」はどんな番組なのか全くわからない...という方でも存分に楽しめるように、番組のルールや内容について、簡単にわかりやすく説明していきたいと思います。

 

コメント