【ソフトバンク】携帯料金の構成を知ってムダをなくそう!

スマホ

月支払いをしている、スマートフォンの料金。

これがハッキリ言って・・

料金設定ってどうなってるのか ややこしくて、わかりずらい
特に余計なものはついていない はずだから、ムダはない思う
正直、ショップの 店員さんに聞いても理解できない

 

少なくとも、私自身がこんな感じでした。

「毎月毎月払っていくものだから、少しでも無駄なものがあれば省いて、
この料金設定を納得したものにしたい。」

そう思い、私が契約しているソフトバンクの毎月の料金について、
細かく内訳を調べてみました。

※ ここでは、スマートフォンの場合の料金構成についての説明になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

My SoftBankで確認しよう

ソフトバンクの料金体制は、
(機種代金)+(基本通話料金)+(通信料)+(オプションサービス)
で成り立っています。


機種代金は記載の通りです。

基本料金は上記の場合、1回5分以内国内通話無料プランの2年契約の場合になります。

●発生した通話料は記載の通りです。

通信料は、「データ定額5G」の場合になります。
(ソフトバンク光に加入済みなので、「おうち割」が適用し割引後の金額記載になります。)

オプションサービス料については、
「ウェブ使用料」300円 ※必須です
「留守番電話プラス」300円 ※任意
「あんしん保障パックwith AppleCare Services」830円 ※任意

以上が内訳です。

最後に記載されている割引については、
「データ定額5GB」以上に加入している方が適用される「月月割り」と、
前回使用していた機種を下取りに出したので、「下取り割引」が毎月適用となる金額が合算されたものになります。

これが毎月かかってくる、携帯料金の構成となっています。

また、「My Softbank」の内訳記載金額に最終的に消費税がかかってきますので、
実際支払う金額が変わるので、注意が必要です。

※2018年12月現在 消費税8%

スポンサーリンク

自分に必要なもの、必要でないものを判断する

料金体制を理解することで、自分のライフスタイルに合わせた基本料金や通信料金を考えることができます。

基本通話料金を考えてみる

ソフトバンクはわかりやすく、3種類の中から基本料金の設定ができます。

通話をほとんどしない方には、国内通話20円/30秒の通話基本プラン(1200円)
短めの通話が多い方には、1回5分以内国内通話無料プラン(1700円)
たくさん通話する方には、24時間いつでも国内通話無料プラン(2700円)

※ 但し、3種類すべて2年契約が条件となります

自分のライフスタイルに合わせて、無駄なく選択したいものです。

通信料を考えてみる

一番金額が大きく変わってくるのが、データ通信料金の設定ですね。

自分が普段毎月どの位のデータ通信量を使用しているのか、ショップで確認することもできます。

自分の使用量と合わせて上手く設定し、無駄な通信量にお金がかからないようにしたいです。

 

家の中ではWi-Fiを使うので、私は5GBで十分なのです。

オプションにムダな契約は付いてはいないか

「ipone基本パック」もしくは「スマートフォン基本パック(Android)」はついていますか?

もしもついていた場合、本当に必要かどうかを判断してみます。

さまざまなサービスがセットになって、総額1500円以上のサービスが月額500円という、とてもお得なセットになっていますが、そもそもこれらのサービスはいる?という話になります。

因みに、私自身は以前「留守番電話プラス」と「割込通話」が欲しかったので、二つ合わせて500円だったため、お得な「スマートフォン基本パック」に加入していました。

でも、ぶっちゃけ「割込通話」はなくてもいいな、と思い。
「スマートフォン基本パック」を解除し、「留守番電話プラス」300円を単一で契約しています。

つまり、200円安くなったことになります。

余談ですが、私のように単一契約をしていると、2年に一回の機種変更の際、
「スマートフォン基本パック・1ヶ月間無料」が必須!?らしく、付けられてしまうことが多いです。
※店員さんに「不要なら明日以降、解除して下さい」と言及されます。

「つけなくてもいいのですが・・。」と伝えても、

「1ヶ月間は無料なので~!」と笑顔で交わされてしまいました。
ここだけは妥協・・です。(笑)

あんしん保証パックとあんしん保証パックプラスの違い

これは現在Androidスマートフォン限定の保証パックですが、

あんしん保証パック 500円
あんしん保証パックプラス 650円

違いは簡単、「電話でサポート」が受けられるか受けられないかだけです。

私の場合、最初はよくわからず、単に手厚いサポートが良いだろうという理由で、
内容もわからないまま長年「あんしん保証パックプラス」に加入していましたが、
その間、一度も電話サポートを受けたことなかったのです。

「あんしん保証パック」500円で十分だと判断し、150円安くすることができました。

スポンサーリンク

まとめ

私自身が以前、毎月たった数百円くらいなら「まぁいいや~」と思い、
何も考えずに適当な契約をしていました。

料金体制もハッキリ理解しないまま、自分のライフスタイルに沿った内容で店員が勧めるなら間違いないと判断していたのも、大間違いだった気がします。

「通信費」が家計の中に入っていなかった時代は、もう大昔となってしまいました。

便利な世の中になる一方で、どんどん高騰していく「通信費」。

毎月毎月のことなので、たとえ数百円だとしても、それが無駄なものだとしたら、積極的に省いていくべきだと思いました。

料金体制もしっかり調べてみると、意外とややこしくなくスッキリと理解でき、納得できるものでした。

ぜひ「見直し」をして、無駄をなくすことをおすすめします。


コメント