ホワイトデーの意味は?女性が本当に嬉しいお返し・嬉しくないお返しは?

イベント

レンタインデーに、贈り物をもらった男性の皆さんは、

お返しに何をプレゼントすればいいのか、
女性は何が嬉しいのか、逆に嬉しくないものは何か、

一番、気になるところだと思います。

せっかくだから、お洒落なものを選んで彼女に喜んでもらいたい。
義理チョコ返しとはいえ、センスのある人だと思われたい

そんなあなたへ、少しでも参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもホワイトデーの意味は?

2月14日のバレンタインデーは、ローマ帝国の時代のある出来事から伝わり、「愛の日」であると言われてきました。

3月14日のホワイトデーには、この出来事との関連はあるのでしょうか?

答えはNOです

ホワイトデーの起源は諸説が多すぎである事と、ホワイトデーというイベントが存在しているが、ほぼ日本と韓国のみである事から、恐らく日本独特に作られたものであるという結論が正しいのではないかと思われます。

バレンタインデーに女性がチョコを贈り、そのお返しとしてホワイトデーに男性が贈るという、日本独特のこのスタイルは、双方ともに各お菓子メーカーが作ったイベントです。

いずれも日本のバレンタインデーとホワイトデーは、1970年代から徐々に定着しはじめたようです。

スポンサーリンク

女性が喜ぶホワイトデーの贈り物

お菓子を贈る場合

ホワイトデーのお返しとして、昔から定番商品となっているのがマシュマロ・クッキー・キャンディーですね。ここ数年のブームでこれらにマカロンも加わっているようです。

では、マシュマロ・クッキー・キャンディー・マカロンにそれぞれ意味があるのをご存知でしょうか?

実は、知らないと大変な意味も含まれているようなので、ここで紹介したいと思います。

マシュマロ→あなたが嫌い
クッキー→あなたは友達
キャンディー→あなたが好き
・マカロン
→あなたは特別な人

女性なら誰でも必ず知っている、というものではありません。

しかし相手が意味を知っていたり、尚且つ意味を気にするタイプだとしたら、誤解を招く恐れがありますので、注意が必要かもしれませんね。

お菓子以外のもの

女性はなんと言っても、「特別感」のあるものが大好きです。

そして男女問わずだと思いますが、プレゼントする物の基本として、自分でいつでもすぐに買えそうなものあまり嬉しくは感じられません

これは例えばの話しですが、「アイスクリーム」を普段自分で食べるために買う場合、安ければ100円程度ですね。すごく高くても300~500円くらいだったりすると思いますが、それが5000円するものだとしたら、自分で買う機会はありません。
なのでそういった、絶対に自分では買わないものをプレゼントされると「特別感」として嬉しく思うのです。

もうひとつ例えばの話しをすると、「リップグロス」ひとつをとっても、その辺り(コスメ専門店など)で売っている「普段使いの物」では、自分でもすぐに買えてしまう身近なものなので「特別感」がありません。
でも、数量に限りがある限定品であったり、日常的に買えるものだとしてもラッピングが特別仕様だったり、名前入りだったりするととても嬉しく思うのです。

その他に「特別感」というものを、具体的にあげてみます。

とにかく外装(箱)が華やかなもの
ネット限定商品(その辺の店舗では買えない)
ラッピングに手が込んでいるもの
常に身に着けるもの(持参するもの)

これは男女問わず言えると思いますが、予め相手の好みをリサーチせず、自分のセンスで選ぶ
これはとても大事ですね。

お互いに、自分のために一生懸命考えてくれたプレゼントってとても嬉しいものですよね。

可愛いラッピングに自信あり!
どれを見ても、女性が欲しくなる商品ばかり!
↓↓↓

スポンサーリンク

義理チョコ返しにもセンスを加えたい

会社の同僚や先輩や後輩、部下からなど義理チョコをもらった場合、コミュニケーション円滑のためにも、ここはお返しをしっかりしていきたいものですね。

義理であっても、女性は基本的にプレゼントが大好きです。

ここでのポイントは、多少の奮発が効果的ということ。
自分があげたもの以上のものが返ってくると、嬉しさはもちろんのこと、「しっかり仕事で返さなきゃ。」と思ってしまうものです

スポンサーリンク

まとめ

プレゼントは、やはり男性も女性も、相手を思って選んでくれたものが一番嬉しいものです。

セレクトは難しいかもしれませんが、たとえ無難なものだとしてもそこに「特別感」が加わるだけで女性はとても嬉しく思うものです。

あなたらしいセンスを、ぜひ見つけてみてください!
本命・義理返しなどが、成功することを祈っています。

コメント