Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

BTSやジャニーズ【チケット本人確認問題】の実態!【転売禁止法】についてわかりやすく説明

ライフ

から存在しているダフ屋

その語源は、チケットのことを指す「札(ふだ)」の逆さ読みで「だふ」なのだそうです。

いわゆるコンサートやスポーツなどのチケットを、転売して儲けている人のことです。

近年はインターネットの普及によって、さらに転売ビジネスが加速しています。

特にジャニーズのコンサートや、人気K-POPグループのライブの不正転売が横行しているよう。

そこで今回は、つい先日施行された「チケット転売禁止法」についてわかりやすく説明するのと、現在のチケット転売の実態などについて、考察してみたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チケット転売禁止法について

2019年6月14日、チケット不正転売禁止法が施行されました。

これはチケットならば何でもかんでも、というわけではありません。

なのでこの法律の条文について、わかりやすく説明をしたいと思います。

●「このチケットは転売してはいけないよ」という内容が記載されているもの。

● 座席が指定されているもの。(例えば、N列58番など)

● 入場資格者(チケット購入者)の氏名が記載されているもの。

これらに当たるチケットが対象となります。

チケット購入者の氏名や座席指定のないもの、また無料で配布されているイベントのチケットなどはこの法律には当てはまりません。

つまり今まで高額転売されるなど問題視されてきた、アーティストやアイドルなどのコンサートチケット、人気スポーツチームの試合チケットなどがこの法律にバッチリ当てはまるわけです。

そしてこれに付随して、対象となるチケットを「定価を上回る金額で転売」することと、これを「生業(なりわい)として行っているもの」に限られるとあります。

つまり逮捕されるとすれば、高額転売を何度か繰り返した場合によるものとされます。

この法律の規制対象となるものはだいたい見当はつきますが、法律違反として逮捕されるに至るには少し定義があやふやな気もしますね。

 

本人確認の現実

このように新しい法律が施行されましたが、そもそも昔から横行されている転売問題について、主催者側は現在どのような対策を取っているのでしょうか?

公式によると

ジャニーズ事務所の公式ページの記載によると、

出典:Johnny’s FAMILY CLUB

とあり、コンサート会場へ向かう方へ注意書きがされています。

 

また、人気K-POPグループのBTS(防弾少年団)については日本の公式ページによると、

出典:BTS JAPAN OFFICIAL FANCLUB

と、公式に本人確認についての記載があります。

 

実際の会場では

現在すべてのアーティストではありませんが、運営者側の転売対策のため、公演チケットに購入者の氏名が記載されています。

そして「当日入場の際に本人確認をします」若しくは「本人確認をする場合があります」などの記載がありますが、実際はあったりなかったりというのが現実のようです。

 

 

SNSでは、他人名義のチケットでも「私は入れた」「私は入れなかった」という、少し呆れてしまうようなコメントが多く見られます。

 

ルールは守るべき!

大好きなアイドルを本気で応援するのなら、ルールをしっかり守らないとダメですね。

購入者以外は入場することができない(ルールに則った)のであれば、他人名義では入れないと考えるべきです。

未成年の子供のために親が購入したチケット(親名義)も、実際は名義が違うので家族証明ができたとしても子供は入場することができない、というルールであるならば、やはり守らないといけません。

確かに、「家族である公的証明などができればOKというルールに変えるべき。」という運営側への指摘はできますが、現時点では別問題なのです。

現行ルールに則らなければ、何があっても文句は言えません。

身分証明書も「本人確認があるかないかわからないから持っていかない。」ではなく、持参するルールなら必ず持参するべきです。

何故ならば、ルールを守って行動することが一番楽だからです。

そして問題が起きたときに、ルールを守ってさえいれば文句が言い易いからです。

裏を返すと、運営者側がこれだけ厳しいルールにしなければならないのは、それだけ高額転売問題が深刻であると考えられると思います。

 

ダフ屋は完全にいなくなる?

「アリーナあるよ~」

「はい、○列目~」

「余ってたら買うよ~」

コンサート会場の入り口周辺に、ガラガラ声で喋りながら歩くオジさん達がいっぱい居た時代もありました。

チケットの高額転売は、昔からありましたね。

現在のように、チケットに購入者の名前が載っているわけではないので「買って売るだけ」という簡単な方法で取引ができたのです。

しかしいつしか主催者側が高額転売防止目的のため、さまざまな対策を取るようになってから、あのオジさん達(ダフ屋)はだいぶ減ったように思えます。

今回の「チケット転売禁止法」の施行によって、さらにその存在は減る勢いになると思います。

この法律がどこまで厳しく取り締まっていくかにもよりますが・・。

 

まとめ

去年行われたK-POPアイドルグループ、BTS(防弾少年団)のライブチケットが定価の30倍の値段(30万円以上)で取引されたというニュースがありました。

また同じくK-POPアイドルグループで、爆発的人気を博したWanna Oneの解散コンサートについてはなんと130万円で転売されたということも。

解散コンサートなので、かなり貴重になるのはわかるのですが・・。

「大好きなアイドルに会いたい」という、純粋そして切実なファン心理を利用したビジネスが根絶していくことを祈るばかりです。

 

ライフ
スポンサーリンク
なないろライフ

コメント