スポンサーリンク
K-POP

【TEENTEEN】祝デビュー!変貌を遂げたジヌと「プデュX」メンバー(マル企画)ショーコンは?

「PRODUCE X 101(プロデュースX101)」終了後、脱落組がそれぞれの道を進んでいる中。 いよいよ、マル企画の3人が始動するようです。 今回は改めて「プデュ」出身の3人のメンバーについてと、SNSを中心に公式アカウントから発信されている情報についてをまとめてみたいと思います
PRODUCE-X-101

ヘナミ【イジヌ】の「プロデュース X 101」脱落までを振り返る!今後の活動はどうなる?

「X1(エックスワン)」もデビューし、これからの活躍が期待されますね! しかし当然ですが、その裏ではデビューできなかった脱落組の練習生も沢山います。 今回はその中で、本国韓国ではもちろん日本でもファンが多かったイ・ジヌについて紹介してみたいと思います。 プロデュース X 101での、イ・ジヌを振り返ります。
PRODUCE-101-JAPAN

【プロデュース 101 JAPAN】放送日と視聴方法が決定!タイトル曲は「ツカメ~It’s Coming~」

「PRODUCE 101(プロデュース101)」シリーズが、日本上陸です! 2019年4月から日本で募集開始して以来、着々と進んでいたこの企画。 いよいよ初となる、日本での放送が開始されるようです! それに先駆けて新たな情報が発信されましたので、この記事では日本版プデュについて、詳しく追っていきたいと思います。
K-POP

ウリムズ【祝】「1分1秒」W PROJECT4とは?メンバーは?歴代 W PROJECTについて

いよいよ、ウリムズが始動するようです! 現在ウリムエンターテイメントの公式アカウントから、続々と情報が投稿されています! 今回は新しい情報を元に、「W PROJECT4」について紹介してみたいと思います。 「プロデュースX101」で活躍していたウリムズと、新メンバーについても調べてみました!
PRODUCE-X-101

【X1】「PURODUCE X 101」初回放送からショーコンまで! 選ばれた11人の軌跡!

遂に先日、8月27日に「X1」がデビューしました! 「プロデュースX101」から誕生した、新しいグローバルアイドルグループです。 今回は改めて、X1のメンバーとなった11人の軌跡を辿ってみたいと思います。 「プロデュースX101」の初回放送から、各メンバーそれぞれを振り返ります。
PRODUCE-X-101

国プ代表イドンウクの 心に残る【感動の名言集】国プ代表としての優れた人間力とは

今シーズンの「プロデュースX101」にて、ある意味練習生以上に注目が集まったが、国民プロデューサー代表のイ・ドンウク氏でした。 練習生たちに寄り添い、良き兄貴として慕われていたイドンウク氏です。 今回は番組内でドンウクが発した、まさに「神の声」とも言える数々の名言を集めてみました。
PRODUCE-X-101

ウリムズ【キムドンユン】プデュX101での苦悩とチャンウクとの友情について・性格や魅力は?

まもなく、新グループ「X1(エックスワン)」が、正式にデビューしますね! しかし当然のことながら、その裏ではデビューできなかった脱落組の練習生も沢山います。 今回はその中でも、日本でもファンが多かったキム・ドンユンについて紹介してみたいと思います。 プロデュース X 101での、キム・ドンユンを振り返ります。
ライフ

韓国年齢とは?数え歳ってなに?簡単にわかりやすく「韓国⇔日本年齢」を計算する方法

同じ年に生まれているのに、韓国の方が年上だったりするのです。 例えば好きな Kーpopアイドルのプロフィールを調べていて、韓国年齢で表記されているといまいちイメージがつきにくいと思います。 そこで今回は、そもそも韓国年齢とはどのようなしくみと、「満年齢」との違いなどについて紹介してみたいと思います。
PRODUCE-X-101

「BY9」がニューヨーク・タイムズスクエアの広告に!広告料はどのくらい?デビューする可能性は?

今回は、最終回のファイナルステージで残念ながら脱落してしまった9人の練習生たちを応援する、ファンダムによって作られたグループ「BY9」についての紹介と、 その熱い思いによって、ニューヨークのタイムズスクエアに広告を出すようなので、詳しく調べてみました。 「BY9」がデビューできる可能性についても、考察してみます。
ワーク

コールセンターの仕事で大クレームに当たってしまった場合の対処法とクレームあるある

コールセンターで働いている以上、決して避けて通ることがきないクレーム対応。 業務内容によって、そのクレームの質はさまざまです。 日頃コールセンターのお仕事で、神経をすり減らしている方。 毎日、本当にお疲れさまです。 今回は私自身の実体験も含め、コールセンターの業務上でのクレーム対応について紹介したいと思います。